NEWS

お得な情報をお届けいたします。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 100-60
  4. 歯磨きのタイミングって?

歯磨きのタイミングって?

食事の後、私たちの口の中は、一時的に中性から酸性へと変化します。酸性とアルカリ性の度合いを数値で表したのがpHと呼ばれる数値です。まずはこちらのページ上の図をご覧ください。
これは私たちの口の中が食事によってどう変化しているのかを表した「ステファンカーブ」と呼ばれるものです。普段、口の中のpHは大体7に保たれていますが、食事をとると酸性に傾いている(下に移動している)のがおわかりいただけるでしょうか。

pHが5.5になると歯の表面のエナメル質が溶け出す、脱灰が始まります。上の図のように食事や間食の間隔がしっかり開いていると唾液が口の中を中性に戻し、エナメル質を修復する再石灰化を行う時間をとることができます。
また、食事や間食、ジュースなどを頻繁にとっていると歯は常に酸性にさらされている状態で、再石灰化が十分に行われず、口の中は非常にむし歯になりやすい状態です。

一番の理想は食後すぐにフッ化物配合の歯磨き剤で歯を磨くことですが、忙しい方であればノンシュガーのガムを噛むか、フッ化物で口をゆすぐだけでも効果があります。ぜひすぐにでも実践してくださいね。

関連記事