歯周病ってどんな病気なの?|エンパシーデンタルクリニック|少路駅千里中央地区ロマンチック街道の歯科医院

〒560-0005 大阪府豊中市西緑丘1丁目1−31 Crice Nikko緑丘 3-Ⅰ 3階
0800-805-1180
WEB予約
ヘッダー画像

歯周病ってどんな病気なの?

歯周病ってどんな病気なの?|エンパシーデンタルクリニック|少路駅千里中央地区ロマンチック街道の歯科医院

歯を長持ちさせるためには、むし歯とともに、歯周病対策が必須です。
歯ぐきが赤く腫れたり、血が出ることがありますが、なぜですか?
痛くなくても歯周病の疑いありです。
歯磨きをしたときや食べ物が詰まったときなどに、歯ぐきから出血が起こることがあります。これは、歯ぐきに炎症があることが考えられます。
この状態を歯周病と呼びます。歯の周りの病気と書き、プラークによって文字通り歯の周りの組織がダメージを受
ける病気です。体調などによって症状が出たり出なかったりします。疲れがたまっていたり、免疫力が弱まったとき
などは注意が必要です。
歯周病もむし歯と同じく、段階的に進行します。次の図をご覧ください。

歯周病の進行
歯肉炎 軽度歯周炎 中度歯周炎 重度歯周炎
歯垢がたまる
歯周ポケット
が深くなる
歯ぐきの炎症
が広がる
歯槽骨が破壊
される
自覚症状なし 出血する、膿が出る 歯がぐらぐらになる
「歯肉炎」とは、文字通り歯肉のみが炎症をおこしている状態です。この段階だと自覚症状はほとんどありません。
きちんと治療すればまた元通りになります。
歯肉炎が進行し、歯周ポケットが深くなると、そこにさらにプラークがたまり、歯肉だけだった炎症が歯の下にあ
る骨へと広がり、骨が溶けはじめます。これが軽度歯周炎です。
さらに進行すると歯磨きによる出血が目立ってきたり、しみてきたりする可能性が高くなります。これが中等度歯
周炎です。歯肉から膿が出たり、口臭もきつくなります。この状態になっても痛みはほとんどなく、「ちょっと血が出る」ぐらいの違和感しかありません。
重度の歯周炎になると、細菌感染がどんどん歯根方向に進行し、歯を支えている骨を破壊します。このころになっ
て「噛んだら痛い」や「歯ぐきがパンパンに腫れている」などの症状で歯科医院を受診する方がおられます。残念な
がらこの状態では、歯周病の完全治癒は難しく歯を抜かなければならないことが多いです。
ですから、初期段階の歯肉炎で、原因となっているプラークと歯石の除去、そして丁寧なブラッシングを行うことが
重要なのです。
近年では、歯周病が及ぼす全身疾患についても研究が進み、全身へのさまざまな影響がわかっています。これにつ
いては、次のページでお話しします。
他にも、歯の根っこが折れてしまう「歯根破折」や、歯の神経が入っていた部分に細菌が繁殖してしまう「根尖病変」によって歯ぐきが腫れ、出血することもあります。原因によってはすぐに処置が必要なケースもあるので、歯ぐきの腫れのサインを見つけたら、すぐにご相談ください。
抜歯の原因第1位の歯周病。その原因はプラークで、発見が遅れるのは重度にならないと症状が出にくいからです。早
期発見、早期治療を日頃から心がけて定期的に歯科医院を受診しましょう。

pagetop